ネットでも事前申し込みが可能な不動産担保ローン

返済計画は自分に合わせて組み立てる

ネットバンクの不動産ローンを利用した返済計画は自分に合わせて組み立てる審査時に必要な手続き

短期の借り入れも繰り上げ返済を利用することでできるとのことです。
借り入れの期間は1年以上で25年以内とのことです。
契約は25年を選択しておいて、3年以内に繰り上げ返済を実施しようと考えています。
金利は、5年ごと見直しの固定金利が適用されるということで、少し銀行よりは金利が高かったですが短期であれば仕方ないのかなと感じました。
保証会社がついているので、保証料を金利以外に負担することになります。
保証料は、完済した時点で期間計算で返還されるとの説明を受けました。
所有の不動産には、ネット銀行の名義での担保設定がされることになります。
抵当権の設定に関わる費用は、登記費用・印紙税・振込手数料などをこちらで持つこととなり、経費が少しかかるのが難点です。
しかしながら、取引銀行でも借り入れをする際は、同じような手続きを要しますし、ネット銀行以上に審査が長くかかったので短期の審査で借り入れができたことはとても満足しています。
毎月の支払いは、元利均等返済を選択して40%以内であればボーナス返済もできるということなのでボーナス併用を選びました。

[CNET] AD: 不動産担保ローンなら、ゆとりある返済計画をご検討いただけます:
  不動産担保ローンのファーストクレジットは、安心の住友信託銀行100%出資。
審査の速さで好評です。
.. http://tinyurl.com/c9ox8f

— cnet_j (@cnet_j) 2009年1月30日